2016年度部員紹介

4回生

奥田 崇文  法学部

駒得を愛するオールラウンダー。
工夫された序盤と独特な棋風で、一軍戦でも安定した成績を残している。
法学部らしく(?)、理屈の通らない手は認めない傾向がある。
基本的には謙虚・平和主義であるが、時々先輩に対して失礼な(?)事を言う
口癖は「その手は許せないですね〜」

橋本 学範  経済学部

穴熊が好きな振り飛車党。行動力がなく、休日は家で引きこもっている。
戦法の幅を広げるべく努力しているが、なぜか周囲に浮気だのなんだのと罵られる。
対局姿は自信なさげだが、指し手は結構激しく、ぱっと見はやる気なさそうな感じだが、 将棋に対しては真面目で熱心である。
将棋部の愛されキャラであり、他大の方々からの人気も高い模様。

久山 凌平  経済学部

軽音サークルに所属している振り飛車党。
自称飲み会係だが、高校の時に兵庫県代表になった経験があり、普通に強い。

池 篤志  農学部   ◆平成27年度部長

研究熱心で現代振り飛車の定跡に精通している。あまりの熱心さにマニアックな
序盤を開拓し、強豪を短手数でなぎ倒す。一方で厚み信者な側面も持つ。
対局中の様子が面白く、部室ではよく池の悲鳴が響いている。
また、将棋以外の普段のトークも面白く、ただでさえイケメンなのにコミュ力も高いという
けしからん男であるほか、将棋部のラインで頻繁に詰将棋を出し、みんなを困らせている(?)。
口癖は「あー分からん〜」や「こんなん詰むやろ〜」(こう言ってる時はだいたい詰まない)

山根 紘矢  発達科学部   ◆平成27年度主将

軽く捌き、切れ味鋭い終盤力を持つ神大エースで、全国経験もあり、かなり顔が広い。
歯に衣着せぬ言動が特徴的で、先輩に対しても平然とした顔でズバズバ言うが、
怖い人というわけではなく、後輩の面倒見が良い。また、(無駄に)メンタルが強い。

森下 翔平  経済学部

岡山大学からやってきた編入生。
本人推奨の呼び方はもりしー。(下級生も積極的に呼びましょう。)
将棋は居飛車党で、序盤巧者という印象を受ける。
某氏のアニメアイコンを見て仲間意識が芽生えたらしい。

太田 魁  理学部数学科

北からやってきた編入生。
だれよりも先に新歓祭に現れ、右四間飛車で剛腕を見せつけた。
最近は忙しいみたいだけど、また部室に顔を出してください!

3回生

久保田 崚  法学部

対振り急戦を得意とする居飛車党。
一軍戦にも出ており、強豪相手にも善戦した。

番匠 道隆  法学部

棋力も威圧感もあるオールラウンダー。
一軍戦にも出ており、これからの成長にも期待される。

古森 悠太  経済学部

終盤力が持ち味の振り飛車党。
現役奨励会有段者であり、神大将棋部随一の棋力を持つ。
穏やかで優しい人だが、礼儀とかに対しては厳しい。
入部当初は純粋な好青年という感じだったが、悪い先輩の影響(?)で煽ることを覚え、
またボソッと過激な発言をするなどボロが出始めている。
誘惑や悪い先輩に負けず、今後も頑張ってほしい。

岸 佑弥   理学部   ◆平成28年度部長

位取りを好む居飛車党、だと思っていたが最近は振り飛車も指している模様。
指し始めたばかりの振り飛車でも、うまくまとめる構想力がある。
海中でゆらゆらしてるような将棋という印象で、つかみどころがない。
将棋部の中では数少ない人格者と思われ、また一部部員からは岸ん様と呼ばれ
崇められているが、ツイ廃という噂がある。

土肥 雅之  理学部

囲碁部にも所属しており、囲碁もなかなかに強いらしい。
将棋は長考派であり、色々な戦法を指している。
高身長と低音ボイスのイケメンであり、頭が良いことで有名。
ニックネームは「どっぴー」で、みんなに慕われている。

熊本 行  経済学部   ◆平成28年度主将

攻め味の強い振り飛車党。何が何でも相手を攻め潰すという意志の強さを
感じさせる将棋であり、荒削りではあるがはまった時の破壊力は凄まじい。
ただ、棋風は真っ直ぐなのに駒はねじれていることが多い。
一軍戦でも白星を上げており、今後の活躍が期待される。
また、2回生になってから先輩を煽ることを覚え、こちらの方の活躍にも注目したい(?)。

2回生

玉川 維央理  経営学部   ◆平成29年度部長

部内唯一の右四間飛車の使い手。
初めて3ヶ月ほどで、基本の定跡はほとんどマスターしていた。
この1年で最も力をつけたうちの一人でもあり実戦での活躍が期待される。

小和田 健太郎  理学部数学科

将棋部の他にも多数の部やサークルを兼部するアクティブなレア部員。
誰に対してもフレンドリーで、とにかくよく喋る。
将棋はどちらかといえば早指しで対局中にまでよく喋っている。

福田 百  発達科学部

待望の女子部員。『三月のライオン』を部に広めた功労者である。
愛くるしい笑顔と人懐っこい性格で部内にはびこる実力主義的風潮を打破し、
女王なき後の姫の座を確固たるものとした。
隣国の囲碁部から熱烈な勧誘を受け、しばしば紛争の火種となっている。

名和 佑太  工学部機械工学科   ◆平成29年度主将

正統派居飛車党。中高時代から県代表経験もある新入生のホープ。
期待通り春の一軍戦では強豪相手に勝利を収めた。
岐阜県出身だからか独特な雰囲気を醸し出していると個人的に思っているのはここだけの話。
岐阜の方言は彼に教えてもらおう。

箭子 涼太  文学部

古森君に続いて入部した奨励会員。攻守にバランスが取れており、理路整然とした将棋という印象。
本人曰く序盤とメンタルが課題らしい。ぱっと見は真面目そうだが、同回生にちょっかいを出すなど
意外と子供っぽい面もあり、しっかりしているように見えて抜けているところがある。
また、入部2ヶ月後ぐらいに爆弾発言(?)をしてしまい、先輩を敵に回しかねない状況になった。

藤井 大生  法学部

攻撃は最大の防御を体現したかのような攻め将棋を好む振り飛車党。
特に終盤に自信があり、詰将棋を解く早さなら上回生にも負けない。
入部当初からとある上回生に似ていると言われ、本人は嫌がっている。
熊...その上回生も嫌がっている。

平川 拓  工学部機械工学科

華麗なルービックキューブ捌きをみせる大型新人。
矢倉を好む居飛車正統派で、激指を超えるミラクル終盤術を持ち、強敵も倒している。
今後のさらなる活躍が期待される。

1回生

多紀 雄太  発達科学部人間形成学科

冨田 千尋  工学部電気電子工学科

白河原 拓実  工学部応用化学科

香川県スパイラル支部出身。
毎日自炊をし、某所でバイトに勤しむなど下宿力が高く、家は既に第二部室として使用されている。
将棋でも部内アマトップレベルの実力を誇る私の師匠であり、特に終盤の騙す力に定評がある。
まずは部内で勝ち星を稼ぎ、レギュラーの座を不動のものにしてほしい。

徳居 竜吾  経営学部

大学から本格的に始めた居飛車党。
意識高い系(だった)。
自ら窮地に立たされにくるM気質をお持ちである。みなさん、ぜひ、かわいがってあげてください。

小柳 幸平  経済学部

先輩の奢りでも躊躇なく料理を注文し、箭子くんをやっきーと呼ぶなど厚かましいところが多分にあるが、憎めないところがあってみんなに愛されているので、将棋部の新しいマスコットになることは間違いない。
迫力のある顔付きをしていても、将棋はわりと大人しくて冷静な指し手が多い。

江口 裕  文学部

終盤型の振り飛車党。
集中力が高く、スイッチが入ると一気に踏み込んでくる。
頭の回転が早く、成績も優秀。ノリの良さも兼ね備えており、その優秀さは遊びの面でもとどまるところを知らない。

橋本 礼央  工学部応用化学科

居飛車を扱う無気力系男子。
普段は俗世に興味が無いかのようにのほほんとしてるがlolについて語らせると急に生き生きとしだす。
同志社大学のY田さんが彼に師事したとの噂もある。

西上 遼一  発達科学部

開けるのに尋常ではない勇気を必要とされると言われる部室の扉を10月に叩いたニューフェース。
中高時代大会を経験しているとのことでこれからに期待である。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO